国政報告で演説(要点、約10分)

12月19日(土)


 みなさん、こんにちは(返事)、みなさんには、日頃からお世話になっています。本日は寒い中、国会報告会に参加していただきましてありがとうございます。
 私は、来年7月の参議院選挙に立候補します古田元則です。先の衆議院選挙に続く立候補です。議席獲得をめざして全力をあげますので、どうかよろしくお願いします。(拍手)

 11月20日に出馬の記者会見をしました。「新聞で見ました」「有名な方ですね」と声をかけてもらっています。タスキ姿で宣伝ができるようになりました。団体との懇談も、先週は徳島市農協と昨日は県森林組合としました。
 HPは2年間、毎日更新をしています。古田元則と入力して検索をクリックすれば見ることができます。古田では、元ヤクルトの古田捕手がでます。(笑い)
 衆議院選挙をたたかい、髪の毛は少なくなりましたが、ますます若くなったように思います。(笑い)

 来年の参議院選挙では、650万票を獲得して、比例代表で5議席を獲得して、仁比そうへい参院議員の再選をどうしても実現させなければなりません。徳島選挙区でも議席獲得をめざして全力をつくします。みなさんのご支援・ご協力をどうかよろしくお願いします。(拍手)

 先週の水曜日、徳島駅前で街頭演説をする前にタクシードライバーや、市バスの乗客の方50名ほどと対話をしました。
 「小沢が陰で動かしておりおかし」「普天間基地も解決できないのではないか」「事業仕分けでどんどん削るのはひどい」「年齢で差別して年寄りを差別し、年寄りを大事にしない」「自民党と変わらない、献金問題では腐敗している」などの意見です。鳩山政権に対して、期待もありますが、不安や不満が多くなっています。
 「参議院選挙は共産党が伸びるのでは、チャンスだ」という方もいました。全員ではありませんが。

 先の衆議院選挙では、格差と貧困を広げた自民党政治をなとしても変えたとの思いが示されました。自民党政権を退場させました。
 私は、日本の政治にとって、前向きの大きな一歩であり、新しい歴史のページを開くものだと思います。
 日本共産党は、よいことには協力し、悪いものには反対する建設的野党として頑張ります。

 先週の火曜日・8日に徳島市農業と懇談しました。初めに、芝原組合長が「10月のJA全国大会のあいさつで、志位委員長に一番大きな拍手があり驚きました」と話してくれました。
 平山専務は、農協の目的は、再生産ができて、若者が農業で生活できるようにすること、そのためには、政治の力が必要。民主党の個別保障は内容がわからないが、お金をわたせば良いということではない。価格保障が必要、30キロあたり最低8000円は必要と強調されました。
 めざす方向は日本共産党の政策と同じだと痛感しました。

 日本共産党が輸入自由化に反対し、価格保障と所得保障と組み合わせて、農業収入を保障すること、お米は30キロあたり9000円を確保することなどを話しました。平山専務が「いろいろな部会に出ても、来年70才になる私が中間で、40才代の人はいない」との言葉には本当に胸が痛みます。
 私は、国土保全の機能や地球温暖化対策の機能を評価して、農業や林業、漁業を基幹産業として発展させるために全力をあげます。どうか、よろしくお願いします。(拍手)

 私は後期高齢者医療制度は4年後ではなく、今すぐ廃止します。最低年金制度をつくり、国民年金は、月8万3000円を確保します。高速道路の無料化より、福祉の充実を優先します。私は、若者をモノ扱いにしてきた労働者派遣法を根本的に改正して、雇用は正社員があたりまえのルールーを作ります

 財源は文化や科学技術の予算を削るのではなく、大企業や大資産家に応分の税金をかけ、5兆円の軍医費を削減して財源をつくります。そうすれば、消費税増税をする必要はありません。私は、食料品や生活必需品の消費税を廃止します。
私は、憲法9条をまもり、核兵器のない平和な社会をつくるために全力をあげまます。

 日本共産党は、党を創立して、今年で87年になります。その時どきの国民の苦しみや悩みを解決することが目的です。私自身は入党して41年で、日本共産党に勤務して37年になります。
 日本共産党は、企業や団体から献金を受け取っていません。政党助成金も受け取っていません。政党が国民の税金でぬくぬくくらす。ここに、政治とカネの原因があります。 大企業にもアメリカにも、国民の立場で堂々とモノがいえるのは、日本共産党です。

 来年の参議院選挙は、民主党政権の下でたたかわれる初めての国政選挙です。自民党政治にかわる新しい政治どう実現するかがとわれます。建設的野党の日本共産党を増やしていただくことが大きな力になるのではないでしょうか。どうか、よろしくお願いします。(拍手)

 参議院選挙は、比例代表と選挙区の2票があります。比例代表は日本共産党と政党名を書いてもらう選挙です。選挙区は古田元則と候補者名を書いていただく選挙です。私は、徳島県民の声を国政に届け、その願いを実現するために全力をつくします。
 9月28日と、11月13日に、県議3名と東京にゆき、仁比そうへい参院議員と国土交通省に対して要請しました。8月の9号台風の被害救済と牟岐線の鉄道高架や柴川ダムなどのムダな大型工事を中止するように要請してきました。

 参議院選挙で議席を増やすために、日本共産党と古田元則へのご支援・ご協力をどうかよろしくお願いします。ご声援、ご静聴ありがとうございました。(拍手)


このページの先頭へ  |  演説・あいさつ目次へ  | 閉じる