シンガポールからのクルージング船内のレストランでの写真

元則君応援文

もっちゃん

あなたは18歳の春、徳島大学への入学で今の人生を決めましたね。
学生時代に培った「人のために骨身を惜しまない活動」が発展して、これまでずーと続いていることに敬服し、兄として誇りに思っています。
昨年4月の県議選の応援に駆けつけた折、たくさんの皆さんが私欲も無く、親身に支援してくださる姿に接して、感動するとともにあなたの活動が正しかったことを実感しました。
今回 あなたが主役となって国民に向かって国民のための国政を論ずることができる またとない晴れ舞台です。胸を張って堂々と主張して下さい。

がんばれ もっちゃん!!

平成20年1月18日         兄 古田隆則



 兄の隆則から、依頼していた文章がメールで届きました。
 僕は男4人、女1人の5人兄妹です。僕は4男で下が妹です。隆則兄は次男で、兄妹のまとめ役で、家のことはすべて任せています。
 60年安保の時、名古屋大学の1年生で、今日もデモに行くと言っていたのを、当時小学校6年生であった僕は今でも覚えています。
 昨年の古田美知代県議の選挙の時には、告示日から泊りこみで支援にきてくれ、演説会であいさつもしてくれました。
 僕が衆院選挙に立候補することが決まると、「お兄さんが又応援にきてくれるの?」と聞く人も多いです。
 努力家で、積水化学を退職した後、税理士に合格して、すぐ下の弟(僕の3番目の兄)が以前から税理士をしているので、いろいろ援助してもらい、今年早々に、開業するということです。(古田元則記













 

日本共産党前徳島県議会議員 山田 豊さん

 古田元則さんは、徳島大学時代からずっとお世話になってる先輩です。卒業後も共に同じ道を歩み、悩み・苦しみ・喜びを分かち合ってきました。
古田さんは、人情味あふれ、弱い立場の人に心を寄せ、不正・不義には真っ向から立ち向かう頼もしい政治家です。困難なときも笑顔を忘れず、夢と希望を語れる独特の魅力を持っています。
貧困と格差が問題になる日本・徳島で、その力を国政に発揮していただきたいです。 古田元則さんの活躍を期待します。

 ‘古田さんがんばれ‘




日本共産党徳島県議会議員   扶川敦さん

 古田元則さんは、徳島大学でも党機関の仕事でも、すばらしい先輩です。大声で怒鳴る姿などは見たこともない、温厚な人柄が厚い信頼を得ています。

しかし一方では、「この人の名前は『元則』じゃなくて『原則』じゃないの」と言いたいくらい頑固で、筋をきっちり通す人です。
党地区委員長時代には、現職県議の奥さんの選挙があるのに、私の選挙対策で奔走してくれました。

 コロコロ態度を変えて、節操のない政治家も多い中、国民県民の声の代弁者として、古田さんほど頼もしい人はありません。




閉じる