2012年5月1日 21:56
古田県議のHPアドレスが変わりました

 古田美知代県議のHPアドレスがあたらしくなりました。

 http://furuta-michiyo.jp をクリックしたら見えます。
 「お気に入り」に追加してみてください。
 私のHPのリンク集をクリックして見ることもできます。

 まわりの方にもお知らせ下さい。
 


5月1(火)
メーデー徳島中央集会であいさつ

 第83回メーデー徳島中央集会が徳島市の鷲の門広場で午前9時45分からあり、日本共産党を代表してあいさつをしました。9時には会場について参加者にあいさつをして回りました。
 


 
 「政治を変えてください」「私たちが年金をもらう年になった時、年金がもらえるか心配、年金に力をいれて」と若い人から言われました。多くの方から激励を受けました。


国府地域で支持者宅を訪問

  今日は1日で、赤旗の申請日です。なんとしても赤旗を増紙するために拡大に取り組みました。メーデーの後、国府で支持者宅を訪問して、支持を訴え赤旗の購読を訴えました。写真は消費税増税反対の署名をしてもらってる所です。徳島県は日刊紙も日曜版も増紙申請をすることができました。みなさん、ご苦労様でした。

メーデーでのあいさつ(約5分)

 みなさん、おはようございます。(返事)本日は第83回メーデーへの参加ごくろうさまです。私は日本共産党徳島県委書記長の古田元則です。衆議院選挙徳島1区に立候補を予定しています。日本共産党を代表して連帯のごあいさつををさせていただきます。どうかよろしくお願いします(拍手) 

 野田首相は原発の再稼働やTPPへの参加、そして、消費税増税に命をかけるといっています。消費税が増税されれば、私たちの暮らしはますます苦しくなり、経営も成り立たず、景気が悪くなり、税収も減ります。

 それでは、消費税増税に代わる財源はあるのか、あります。日本共産党は2月7日に、消費税増税に頼ることなく財政再建をして社会保障を充実させる提言を発表しました。2つの柱を同時にすすめて実現します。

 第1の柱は税金の無駄使いをなくすとともに、応能負担の原則、負担能力がある人にはおおくを負担をしてもらう原則に立った税制改革をおこないます。

 この間、富裕層への減税によって、いま所得が1億円を超えると所得税率が下がってしまうという極端な不公平税制になっています。これを大胆に見直します。新たに、5億円以上の資産に1%から3%の累進課税をおこないます。為替投機課税を新設して、投棄マネーを規制します。
 社会保障をヨーロッパ水準に抜本的に拡充する時には、国民みんなで負担するようにします。その場合でも消費税増税ではなく所得税の累進課税を強化して財源を確保します。これらにより、だいたい18兆円から21兆円の財源をつくります。

 第2の柱は、国民の所得を増やす経済改革をおこないます。労働者派遣法を抜本的に改正して、雇用は正社員が当たりまえの社会をつくります。最低賃金を大幅に引き上げて、働く貧困層をなくします。中小企業と大企業が公正な取引をするルールをつくります。TPPの参加はやめて、農業、林業、業業を再生します。

 こうした改革によって、大企業がためこんだ260兆円の内部留保を社会に還流させて、国民の所得を増やし日本経済を内需主導の健全な経済発展をさせ、景気を回復させます。そうして税収入を増やします。10年後には、税の自然増収を20兆円程度にして、第一の改革とあわせて、約40兆円の新たな財源を生み出します。こうして、財政危機を打開する道を開きます。
 大企業中心、アメリカいいなりの政治を変えればそれが可能です。

 みなさん、国民生活と平和を守るためには、国民的な運動が力です。みなさんとご一緒に頑張る決意を申しあげてあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)

携帯でfuruta-moto.comと入力するとHPを見ることができます

  このページの先頭へ前日の活動日誌閉じるメール送信