2012年5月3日 19:16
古田県議のHPアドレスが変わりました

 古田美知代県議のHPアドレスがあたらしくなりました。

 http://furuta-michiyo.jp をクリックしたら見えます。
 「お気に入り」に追加してみてください。
 私のHPのリンク集をクリックして見ることもできます。

 まわりの方にもお知らせ下さい。
 


5月3(木)
憲法記念日で9条街角トーク

 本日は憲法記念日で徳島9条の会が朝10時半から街角トークを徳島駅前でおこないました。9条弁護士の会、人権・平和センター、憲法懇、反核・憲法フォーラムの団体がそれぞれ30分つづ訴えました。
 

 
 憲法懇は司会を見田事務局長がして、代表の林弁護士と私、新婦人の小川さんが訴えました。9条を守ろうの一点での共同が大きな力を発揮してます。

  午後1時半からは県郷土文化会館で記念講演会がありました。湯浅良幸さんが15歳から1年3ヶ月、終戦まで、海軍特別少年兵としての体験を1時間講演して、その後、吉成事務局長とトークしました。
 15歳の少年が親に内緒でお国のために特別兵に志願する。軍隊では暴力の毎日で、あまりの暴力で死も恐ろしくなくなるという話しには戦争の恐ろしさを痛感しました。

街角トークで訴え(約5分)

  みなさんこんにちは、本日は憲法記念日の宣伝をさせていただいています。私は徳島県委員会書記長の古田元則です。来るべき衆議院選挙徳島1区に立候補を予定しています。どうかよろしくお願いします。

 本日は憲法記念日で、憲法が施行されて65周年になります。日本国憲法は、戦前の侵略戦争の誤りを二度と繰り返さないために、国民主権と国家主権、恒久平和、基本的人権、議会制民主主義、地方自治の憲法5原則と言われる平和的民主的条項を明確にして国家にその実現を求めています。

 しかし、歴代の自民党政治と政権交代をした民主党政治は、安保条約を憲法の上におき、アメリカ言いなり、財界中心の政治をして憲法をふみにじる政治をおこない、さらに、憲法改悪をしようとしています。

 5月1日には野田首相が訪米して、オバマ大統領と6年ぶりに日米共同声明を発表しました。日米軍事同盟を地球規模に拡大することを公言し日米の「動的防衛協力」と言う新たな概念を明記しました。日米の動的防衛力とは、米軍と自衛隊が海外で共同した軍事活動をおこない、一緒に武力行使するもので、集団的自衛権行使をしようとするものです。海外での武力行使を禁じた日本国憲法にまっこうから踏みにじる物です。

 共同声明では、TPPへの参加表明は国民的な運動でもりこまれなかったが、参加の協議は引き続き前進させるとして、オバマ大統領は自動車、保険、牛肉の3分野での規制緩和と市場開放を事前交渉での合意を迫っています。また、原発では「原子力エネルギー」「原子力安全」に関する共同研究をして原発推進を約束しています。
 こうした、アメリカ言いなりの政治では、平和も国民生活も守ることはできません。

 興味深い世論調査があります。NHKが「日米安保のいま」という世論調査を昨年しました。日米安保はやくだっているか、どちらかといえば役立っているの合計は72%でした。ところが、「これからの安全保障体制をおうするのか」の問いには「日米同盟を基軸に、日本の安全を守る」はわずか19%で、「アジアの多くの国々との関係を軸に、国際的な安全保障体制を築いていく」とした人が55%、「外交により安全を築いていく」とした人が12%で合計で67%にのぼりました。自民党や民主党など多くの党が「日米同盟を基軸」と頭から思い込んで言いますが、そんな考えは国民は乗り越えつつあることがこの世論調査は表しています。

 今や、軍事同盟ではなく、ASEANなどの平和の地域共同体が平和をつくる力になっている時代です。
 9条を守る一点での共同を広げ、アメリカ言いなりの政治を変えて、憲法を生かした日本をつくるために、ご一緒に頑張る決意をのべまして訴えとさせていただきます。ありがとうございました。

  このページの先頭へ前日の活動日誌閉じるメール送信