2012年5月13日 22:15
古田県議のHPアドレスが変わりました

 古田美知代県議のHPアドレスがあたらしくなりました。

 http://furuta-michiyo.jp をクリックしたら見えます。
 「お気に入り」に追加してみてください。
 私のHPのリンク集をクリックして見ることもできます。

 まわりの方にもお知らせ下さい。
 


5月13(日)
びっくり日曜市で朝宣伝

 朝8時から定例のびっくり日曜市で朝宣伝をしました。初めに、古田美知代県議が話し、その後、私が訴えました。昨日も、宇山さんと中野さんと支持者宅を回ると何人もの方から、「日曜市でよく聞いています」と言われました。今日も声援が多くありました。
 

平和行進の集結集会であいさつ

 
 9時から文化の森に集まり、県郷土文化会館まで核兵器廃絶を訴えて歩きました。写真は途中の金比羅で休んで記念写真をとりました。

  11時から県郷土文化会館前で、集結集会ありました。中鮎喰橋からと吉野川橋からの3コースから平和行進をしました。それぞれ40名余りが参加しました。

平和行進の集結集会であいさつ(約6分)

 みなさんこんにちは(返事)、本日は朝早くからの平和行進ご苦労様でした。私は徳島県委員会書記長の古田元則です。来るべき衆議院選挙徳島1区に立候補を予定しています。日本共産党を代表して連帯のごあいさつをさせていたきます。どうかよろしくお願いします。(拍手)

 私も文化の森コースで行進をしましたが、昨年は6月で大雨の中でしたが、今年は五月晴れの下ですがすがしい行進で、多くの人にアピールできたと思います。板野郡でも、石井町でも同じ時間帯に平和行進をしております。こうした継続した取り組みが、平和と核兵器廃絶の草の根の運動をささえていると思います。

 子供の日の5月5日に、日本のすべての原発54基がすべて停止しました。国民運動の大きな成果です。日本は広島、長崎に続いて、福島と3度も放射能の被害をあったわけです。今こそ、子供たちに原発のない平和な社会を残すために、原発の再稼働を許さず、原発をゼロにして自然エネルギーへの転換をさせるために、ご一緒に力を合わせましょう。どうかよろしくお願いします。

 5月1日には野田首相が訪米して、首脳会談をして6年ぶりに日米共同声明を発表しました。日米軍事同盟を地球規模に拡大することを公言して、日米の「動的防衛協力」という新たな概念を明記しました。日米の動的防衛協力とは、米軍と自衛隊が海外で共同した軍事活動をおこない、「肩を並べて武力行使をする」つまり、集団的自衛権を行使しようとするものです。海外での武力行使を禁じた日本国憲法にまっこうから踏みにじるものです。
 アメリカ言いなりの政治では、平和も国民生活も守ることはできません。

 NHKが「日米安保のいま」という世論調査を昨年しました。日米安保は役だっている、どちらかといえば役立っているの合計は72%でした。ところが、「これからの安全保障体制をどうするのか」の問いには「日米同盟を基軸に、日本の安全を守る」はわずか19%で、「アジアの多くの国々との関係を軸に、国際的な安全保障体制を築いていく」とした人が55%、「外交により安全を築いていく」とした人が12%で合計で67%にのぼりました。

 自民党や民主党、公明党など多くの党が「日米同盟を基軸」と頭から思い込んで言いますが、そんな考えは国民は乗り越えつつあります。軍事同盟では平和をつくることはできません。ASEANなどの平和の地域共同体が平和をつくります。

 核兵器廃絶と平和のためにも、アメリカ言いなり、財界中心の政治を変えることが重要です。なんといっても、国民の運動こそが歴史を作る力です。平和を守る運動とともに、TPP反対、消費税増税反対、原発再稼働反対の運動と連携して、ご一緒に頑張りましょう。

 最後に、来週の金曜日、18日、午後7時から県郷土文化会館で日本共産党演説会を開催します。笹岡優四国比例候補と元参議院議員で弁護士の仁比そうへい参議院予定候補がお話します。多数参加していただくようお願いしてあいさつとさせていただきます。(拍手)

  このページの先頭へ前日の活動日誌閉じるメール送信