2012年6月3日 21:23
古田県議のHPアドレスが変わりました

 古田美知代県議のHPアドレスがあたらしくなりました。

 http://furuta-michiyo.jp をクリックしたら見えます。
 「お気に入り」に追加してみてください。
 私のHPのリンク集をクリックして見ることもできます。

 まわりの方にもお知らせ下さい。
 

6月2(土)
民主文学の講演会と創作教室に参加を

 日本民主主義文学会徳島支部の主催で、文芸講演会と創作教室を行います。午前中、60名余りの「民主文学」の読者に郵送しました。
 澤田彰子さんが講師です。7月7日と7月8日、徳島市文化センターです。ぜひ、多数参加ください。
 

西部みんなの9条の会第8回総会に参加

 
 午後2時から、池田町で行われた西部みんなの9条の会の総会に参加して、挨拶をしました。議長は美馬市の武田市議です。


  活動報告をする詫間敬久事務局長です。「広島原爆投下」の映画が上映されました。アメリカ制作で原爆投下時の惨事がなまなましく撮られています。大変、貴重な映画で衝撃を受けました。総会後の懇談会にも参加をしました。美馬市と三好市などの広範囲に本当に良く活動が行われて感動しました。

西部みんなの9条の会総会でのあいさつ(約7分)
 みなさんこんにちは(返事)、本日は西部みんなの9条の会第8回総会の開催おめでとうございます。私は徳島県委員会書記長の古田元則です。日本共産党を代表して連帯のごあいさつをさせていたきます。どうかよろしくお願いします。(拍手)

 西部みんなの9条の会のみなさんが、9条の会をいち早く結成して、継続的に広範囲の地域で活動をして、先進的な役割を果たされてきたことに敬意を表します。

 大飯原発の再稼働をめぐり緊迫した情勢にありますが、子供の日の5月5日に、日本にある54の原発がすべて停止しました。国民運動の大きな成果です。日本は広島、長崎、ビキニに続いて、福島と4度も放射能の被害にあいました。原発をゼロにして、自然エネルギーへの転換させる絶好の機会です。

 私は昨年、5月19日に福島県の南相馬市にボランティアに駆けつけました。徳島の日本共産党は昨年だけで、18回ボランティアにいきましたが、私たちが第1陣でした。原発から20㎞圏内の所に、立ち入り禁止のロープは特別衝撃的でした。

 子供たちに原発のない平和な社会を残すために、原発の再稼働を許さない運動が今、特別重要になっています。四国には愛媛の伊方原発があります。さよなら原発徳島実行委員会では、6月10日にバスを出して愛媛県庁包囲運動に参加します。吉野川オアシスからも乗車することができます。7月22日には徳島市文化センターで1000名規模の集会を計画しています。ご協力をよろしくおねがいします。

 5月1日には野田首相が訪米して、首脳会談をして6年ぶりに日米共同声明を発表しました。日米軍事同盟を地球規模に拡大することを公言して、日米の「動的防衛協力」という新たな概念を明記しました。日米の動的防衛協力とは、米軍と自衛隊が海外で共同した軍事活動をおこない、「肩を並べて武力行使をする」つまり、集団的自衛権を行使しようとするものです。海外での武力行使を禁じた日本国憲法にまっこうから踏みにじるものです。アメリカ言いなり、財界中心の政治では、平和も国民生活も守ることはできません。

 私もなるほどそうかと感心した興味深い世論調査があります。昨年、NHKがした「日米安保のいま」という世論調査です。日米安保は役だっている、どちらかといえば役立っているの合計は72%でした。ところが、「これからの安全保障体制をどうするのか」の問いには「日米同盟を基軸に、日本の安全を守る」はわずか19%で、「アジアの多くの国々との関係を軸に、国際的な安全保障体制を築いていく」とした人が55%、「外交により安全を築いていく」とした人が12%で、合計で67%にのぼりました。

 自民党や民主党、公明党など多くの党が「日米同盟を基軸」と頭から思い込んで言いますが、そんな考えは国民は乗り越えつつあるわけです。軍事同盟では平和をつくることはできません。ASEANなどの平和の地域共同体が平和をつくるわけです。
 憲法9条を生かして、核兵器のない平和な世界をつくるためにご一緒に力をあわせましょう 

 日本共産党はこの7月15日で党を作って90年になります。平和を守る運動とともに、TPP反対、消費税増税反対の運動をご一緒に頑張る決意をのべましてご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)

  このページの先頭へ前日の活動日誌閉じるメール送信