2012年6月9日 21:32
古田県議のHPアドレスが変わりました

 古田美知代県議のHPアドレスがあたらしくなりました。

 http://furuta-michiyo.jp をクリックしたら見えます。
 「お気に入り」に追加してみてください。
 私のHPのリンク集をクリックして見ることもできます。

 まわりの方にもお知らせ下さい。
 

6月8(金)
笹岡比例候補と徳島市内で宣伝

 笹岡優比例候補が昨夜から泊まり徳島入りをしており、朝8時から徳島駅前で定例の宣伝を古田美知代県議としました。
 

 
 初めに古田美知代県議が次に私が、最後に笹岡優比例候補が訴えをしました。笹岡さんの街宣はなかなか好評で、徳島市バス乗り場では、演説が終わると数名の方が拍手をしてくれました。多くの人が手をふって声援してくれました。


  健生病院前、元町ロータリー、徳島市役所前などで街頭演説をしました。米沢さんが運転を、太田さんがアナウンスをしてくれいました。どこでも、多くの声援があり、日本共産党への共感の広がりを感じました。


街頭演説の要点(約10分)
 みなさんこんにちは、日本共産党です。この場所をお借りしまして街頭から訴えさせていただきます。私は日本共産党徳島県委員会書記長の古田元則です。衆議院選挙徳島1区に立候補を予定しています。どうかよろしくお願いします。

 私は、今週の民主党と自民党の動きを見ますして、はやり、最後は大連立かとの思いを強くしてます。民主党は自民党と一体化して悪政を推進しようしていると痛感します。
 民主党と自民党、公明党が消費税増税法案の修正協議に入るといっています。4日の月曜日に野田首相が内閣改造をして、水面下ですすめられてきた自民党と民主党の連立が表面化したとの感じです。
 民主党の輿石幹事長は「修正協議が整えばその日でも採択はできる」と発言しているように、3党の密室談合で消費税増税をやろうというもので国民を無視していいます。

 6日に各紙が世論調査の結果を報道しました。朝日新聞では、今国会で成立させるべきだはわずか17%で、成立にこだわるべきでないは72%です。消費税増税に賛成は32%、反対は56%です。圧倒的な国民は消費税増税に反対しています。先日もガソリンスタンドでバイトをしていた若い女性が「10%になったら、100金にいったら110円も取られる、100金で買い物ができない、消費税増税に反対」と言っていました。

 日本共産党の質問で消費税増税の3つの害悪がはっきりしました。第一は暮らしと経済をドン底に突き落とすという問題です。ただえさえ消費と所得が長期にわたり落ち込んでいるもとで、消費税10%とはじめ20兆円もの負担増を国民に押しつけたら日本経済の底がぬけてしまします。
 第二は、財政危機をもっとひどくするという問題です。1997年消費税を3%から5%に増税したために、大不況になり、この14年間税収が90兆円から76兆円に落ち込み毎年14兆円も減りました。消費税増税は安定財源につながらないことは歴史が証明しています。
 第三は、格差と貧困をさらにひどくします。今の消費税5%で、所得200万円以下の方は消費税の負担率は5・3%ですが、200万円以上の方は負担率が1・2%です。消費税は所得の少ない方に重くのしかかる最悪の不公正税制です。
 消費税増税は、暮らしも経済も、財政も、社会も潰すものです。

 それでは、「財源をどうするのか、いつかは、増税しなければしかたない」との声もあります。大丈夫です。日本共産党は、2月7日に、消費税に頼らなくても、社会保障を充実させ、財政危機を打開する提言を発表しました。
 私たちは、2つの柱を同時に並行しながら進めるようにします。

 第一の柱は、税金のムダ使いをやめさせると共に、富裕層と大企業に応分の負担を求める税制改革を行います。サラリーマンより、大金持ち、中小企業より大企業のほうが、税負担が軽いという極端な不公正があります。それを正します。
 第二の柱は、国民の所得を増やす経済改革を行います。賃下げやリストラではなく、国民の所得を増やして、日本経済を内需主導の健全な成長の軌道にのせます。そのことにようって税の自然増収を増やします。
 この2つの柱を同時に並行しておこない、10年後にだいたい40兆円の新たな財源をつくることができます。それを社会保障と財政危機打開のために使います。そうすれば、消費税増税をする必要がありません。みなさん、消費税増税法案を廃案にするために共に力を合わせましょう。どうか、よろしくお願いします。

 5月5日の子供の日に、日本のすべての原発54基がすべて停止しました。原発をゼロにして、自然エネルギーへの転換させる絶好の機会です。そのためにも原発の再稼働をさせないとりくみが今、特別重要になっています。四国にも愛媛の伊方原発があります。この10日にはさよなら原発徳島実行委員会が徳島からバスを出して、愛媛県庁を包囲する運動に参加するとうにしています。私も参加をします。
 TPP反対の取り組みも緊迫しています。私は、日本の農業と食を守り、金融、保険、公共事業、医療保険制度、労働などでアメリカ式のルールを押しつけさせないためTPPに反対します。

 日本共産党は、党を創立して、この7月15日で90年になります。その時どきの国民の苦しみや悩みを解決することが目的です。財界中心、アメリカいいなりの政治を変えて「国民こそ主人公」の真の日本改革をすすめます。
 日本共産党が国会で議席をふやすことは、国民の声を国政に届き、国民生活をまもる大きな力になるのではないでしょうか。

 衆議院選挙は、小選挙区は古田元則と個人名を書いてもらう選挙です。今度こそ議席を獲得しなければと決意をしています。比例は日本共産党と政党名をかいてもらう選挙です。四国比例ブロックは定数6で、以前は日本共産党、議席がありました。議席回復をめざして取り組みと強めています。
 日本共産党へのご理解ご支援をお願いしまして訴えを終わらせていただきます。ありがとうございました。

  このページの先頭へ前日の活動日誌閉じるメール送信